<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけません

女性は多くの場合におきましては、自分がデリヘルで仕事をしているということを、周囲の人に隠しています。
盗撮はお店の禁止事項になっており、もし発覚したら多額の慰謝料を請求されることも、覚悟してください。最近になって外国人を派遣してくれるデリヘルが人気となっており、韓国人やフィリピン人の女の子が相手をしてくれます。
しかし気をつけなければいけないのが、このような外国人デリヘルの場合、違法で営業をしているケースが多いということです。
男の楽園とも言われるデリヘルですが、そのジャンルは多くあり、様々な性癖を満たすことが出来ます。
まずは自分の性癖を解消してくれそうなデリヘルを当サイトで選んでみてください。
デリヘルを呼んだ時に相手に知られないように隠しカメラを仕込んで、女性と自分のプレイを盗撮している人がよくいます。
このような行為をやりたくなる気持ちは、わからないこともありませんが、絶対に止めましょう。

 

盗撮をした映像を自分だけで後々楽しむのでしたらまだいいのですが、それをネットに公開してしまったりする人がいるのです。
それを公開されてしまった女性がどうなるかを考えてあげましょう。

 



<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけませんブログ:20170427

わたくしの母や祖母は、
すごく料理が好きでした。

おやつはいつも母の手作りで、
好物と言えば、最も古い記憶にあるのはマドレーヌ。
当時にしてはとてもモダンなおやつだったと思います。

もっと驚くのは、
母にとっての「おふくろの味」が
タンシチューであったこと。

母の時代でさえ店頭には今みたいな薄切りのタンはなく、
一本丸ごと注文して
ずんどう鍋でコトコト煮ていたのですから、
祖母の時代はなおさらのことだったと思います。

母も生クリームを
牛乳屋さんと交渉して手に入れていたとよく自慢していました。

しょっちゅう母が作ってくれた料理は
ジャガイモの「ニョッキ」。

大きくなってから
本場イタリアンのニョッキとは全然形が違うことを知って、
びっくりしました。

わたくしの頭の中では
ニョッキといえば白玉団子のように円盤形でした。

どこで作り方を知ったのか母も覚えていないのですが、
あれのルーツを知りたいと今も思っているんです。

もう1つおやつで大好きなのがシュークリーム。

母に教わってよく作っていたのですが、
娘の頃、どうしてもショートケーキくらいの
特大シュークリームを作りたくて挑戦し、
大失敗したことがありました。

その時は機械を使わず、
人の手で生地に混ぜこめる卵の量に
限界があるなんて知らなかったんです。

卵がなかなか入らず、
ついにはすり鉢やスリコギまで登場…
結局、ふくらんだと思ったらペコっと落ちてへこんでしまい、
これには娘ながらに大ショック!

自信満々だっただけに、
今でもその経験はトラウマになっているほどです。