<デリヘル情報局>悪質なデリヘル業者の見分け方

あくまでもデリヘルにおきましてはお客様の利益を考えながら、どのように自分が利益を出そうと考えているのが優良店ということになります。
お客様の立場を考えることなく、自分だけが儲けようと考えているのがいわゆる悪質店なのです。最近の風俗業界というのは、店舗で経営をするよりも断然派遣型のデリヘル営業の方が多くなっています。
これは業者側だけに限ったことでもなく、風俗利用者の男性達もデリヘルを希望している傾向にあるのです。
管理人はこれまでに数えきれないほどデリヘルを利用していますが、納得いかなかったプレイは一度もありません。
それは事前にデリヘル業者の情報を調べ、掲示板などを使って情報収集をしているからであり、デリヘル遊びにはとにかく情報が必要なのです。
デリヘル店のウェブサイトをチェックして、優良と悪質を見分けるポイントとしましては、まずウェブサイトの構成に注目をしてください。
悪質店のホームページはその多くが、デザインが派手で、魅力的な女性の写真を数多く公開しています。

 

悪質デリヘルのウェブサイトは料金やシステムなどの肝心な情報がどこを見たらよいのか、非常にわかりにくくなっています。
優良店と悪質店の違いをひと言で言いますと、「お客様の立場になって営業をしているか?」ということになります。

 

京都 風俗は当サイトへ
http://www.asoviva.jp/kyoto_fu/



<デリヘル情報局>悪質なデリヘル業者の見分け方ブログ:20170412

わたくしのパパは、画家だ。
画家と聞いても全然ピンとこないかもしれないけれど、
文字通り絵を描く仕事だ。
絵を売ることで生計を立てている。

わたくしはずっと、パパには
もっと一般的な仕事をしてもらいたいと思っていた。

友人のパパは
連日7時早くから働いているのに、
わたくしのパパは7時は遅いし、
出かけるのも週何回かの絵画教室で教えるときぐらい…

絵があまり売れないと収入が少ないので、
贅沢もあんまり言えない。

さらに描いている絵が抽象画だから、
わたくしにはパパの絵の良さが分からなかった。

わたくしは音楽を聞くのが好きだ。
音楽を聞くと、歌詞やメロディーそれぞれから、
作った人の想いや、いろんな情景が浮かぶ。

時には、
元気づけてくれたり、感動させてくれたり…

しかし中には、
売れるように売れるようにと、作られているような曲もある。
そんな曲からは、上辺だけのものしか伝わってこない。

絵も同じだと思う。
人に買ってもらうためだけに描いたような絵には、
「上手い絵だなぁ」
ぐらいの感想しか持てない。

自分の想いを純粋に表現している絵には、
たとえ多くは売れなくても、
それを見た人に様々な想いを抱かせるだろう。

わたくしは最近になってやっと、
パパはそんな絵を描いていることに気がついた。

パパの絵は、
皆に受け入れてもらえるような絵ではないと思う。

でもパパの絵は、
色使いや筆の動きそれぞれから
パパの想いが伝わってくる…
そんな絵だ。

わたくしが生まれる前から現在まで、
ずっとその絵は変わっていない。
自分の想いを純粋に表現し続けている。

そんなパパの姿を、
初めて心から誇らしく思った。
今では、パパの「画家」という職業を
大いに自慢できる。