<デリヘル情報局>本番行為で悪徳請求してくる業者

悪質な店で働いている女性というのは、本番の誘いに対してハッキリと断るようなことはしません。
YESともNOとも受け取れるような、曖昧な返答をしてきますが、これは悪質店の常套手段なのです。「これからデリヘルを利用したいけどどこの業者を利用したら良いのかわからない」そんな人もいることでしょう。
今ではインターネットを使って様々なデリヘル情報をチェックすることが出来るので是非とも参考にしてみてください。
出張や旅行などに行って、宿泊しているホテルにデリヘルを呼んだことのある男性も多いでしょう。
最近ではインターネットで簡単に予約をすることが出来るので利用者が増えてきているのです。
デリヘルを利用して相手をしてくれた女性と本番行為をしようと考えているのでしたらその考えは捨ててください。
風俗店にバレて制裁されてしまうのは当然のことですが、別の種類のリスクがあるのです。

 

本番行為の強要を想定した悪徳請求をしている悪質デリヘル店が現在非常に多くあります。
そのようなデリヘル店では、お客様が女性に対して本番行為を持ちかけるであろうことを、予め想定しているのです。

 



<デリヘル情報局>本番行為で悪徳請求してくる業者ブログ:20170519

今まで順調に育っていた6ヶ月になる娘が
突然全く母乳を飲んでくれなくなったのは、
去年のお正月のことでした。

おっぱいを吸うどころか
「ギャーギャー」とかんしゃくを起こした様に泣き出し、
そんな日がふつかも続いていました。

お正月という事もあり、
かかりつけの産院も開いておらず、
知り合いの紹介で藁にもすがる思いで
車を60分走らせ、助産院に行く事になりました。

行ってみてびっくり、
その助産院の助産婦さんは、
八十八歳のおばあちゃんだったのです。

泣き叫ぶ娘をわたしの隣りに寝かせ、
母乳マッサージをしながら、
ゆっくりとした口調でわたしに話しかけてきました。

「この子は何でこんなに泣いているのかわかるかえ?」
「たぶん、ウエストがすいているのだと思うのですが…」
「あんた、ふつか前、ご飯何食べた?」
「えっ、ご飯ですか?」

変な質問するなぁ…と、
わたしは疑問に思いましたが、助産婦さんは続けました。

「母乳はな、血液なんよ。
だから、母が食べた物がエネルギーになり血になるんや、
それが母乳になり、赤ちゃんのご飯になるんよ。
母がみかんを食べ過ぎれば、オレンジ色の母乳が出るし、
カレーライスを食べれば、カレーライス味のまずい母乳になるんよ。
赤ちゃんは、おいしい、おいしくないが分かっているんよ」

その言葉に、わたしは全身が凍りつきました。
確かにわたしはふつか前カレーライスを食べていたのです。

まさか、たった一度の食事で
ふつか間も娘を苦しめていたなんて…

母乳マッサージを終え、
泣き叫ぶ娘を抱き母乳を飲ませました。

あんなに嫌がっていたのに、
わたしの目を見ながら、
娘はウエストがぱんぱんになる位おっぱいを吸い、
すぐにすやすや眠り始めたのです。